製品案内 製品資料ダウンロード 製品に関するお問い合わせはこちら

食品原料マリンプラセンタ(MP)®

エビデンス・アンチエイジング

【アンチエイジングに関する試験】

食品原料マリンプラセンタの一般成人モニターを使った二重盲検法によるアンチエイジングに関する試験を行った。

試験機関 (株)エフシージー総合研究所(東京都江東区)

摂取期間 8週間摂取(2006 年1月中旬~3月中旬)

飲用方法 1日4粒の錠剤を摂取した(250mg/ 粒)。
テスト品;マリンプラセンタ配合錠剤…マリンプラセンタ摂取量 : 490mg/day
プラセボ品;錠剤(マリンプラセンタを含まない)

モニター
40±2歳の健常女性で、肌タイプは乾燥肌で、冷え性が気になる人20名をマリンプラセンタ摂取群(10名)、プラセボ摂取群(10名)ずつに分けた。

試験結果
1)シワ係数の変化 シワ係数は数値が小さいほどシワが目立たず、5段階に分けられる。1級「全く目立たない」3.0 以下、2級「やや方向性が認められるシワが存在する」3.0~4.5、3級「シワが存在する」4.5~6.0、4 級「シワがくっきりと認められる」6.0~7.5、5級「深くはっきりと目立つシワが存在する」7.5~。シワの改善は、肌の真皮部分の弾力性が改善すると認められるケースがある。

マリンプラセンタ摂取群は、摂取の経過と共にシワは改善する傾向にあり、8週間の摂取で、シワ係数は約1弱の低下を示した。このことは、0週時の平均で4.9 の3級相当だったものが、4.1 の2級相当、つまり1ランク下がったことになり、マリンプラセンタは、シワ改善の効果が期待できる。
ここで、シワの改善事例を示す。

2)末梢血液循環機能の変化 末梢血液循環機能は、加齢と共に低下していく。数値が高いほど良好な健康状態を示す。

マリンプラセンタ摂取群は、8週間の摂取で、スコアは高くなっていった。プラセボ摂取群は、0週時と比べて、低下していた。末梢血液循環機能は、寒さが厳しくなると悪くなる傾向がある。冬場の1月スタートで4週間の摂取時が一番寒くなった季節であることを考えると、プラセボ摂取群と比べて、マリンプラセンタ摂取群は、スコアの変化は改善の方向であることから、マリンプラセンタは、末梢血液循環機能を良好にさせることが期待できる。

3) IGF-1(加齢マーカー)の変化 IGF-1(別名:ソマトメジンC)は、一般に、加齢と共に数値が低下するため、数値が上がることは、アンチエイジング(抗加齢)を意味することになる。

マリンプラセンタ摂取群は、4週間の摂取で、IGF-1 値は上昇したが、プラセボ摂取群は、低下した。マリンプラセンタ摂取群は、さらに摂取を続けることによって、IGF-1 値は増加傾向を示した。以上の結果より、マリンプラセンタ摂取群は、IGF-1 値の増加傾向が観察され、マリンプラセンタが、アンチエイジング(抗加齢)の作用をしているのではないかと期待される。

4)モニター自身の評価 モニターは自身がどちらのサンプルを摂取しているか分からない状態になっている。自己申告として、自身の肌状態と体調・体質についてアンケートを行った。その結果を示す。

肌状態アンケート

マリンプラセンタ摂取群は、全ての項目でおおむね良好な方向に評価され、摂取中止2週間では、さらに良好になったと評価された。肌は28日周期で変わることから摂取中止後すぐには悪化せず、摂取中止2週間でも、これまでのマリンプラセンタの摂取の効果が影響していると思われる。

体調・体質アンケート

マリンプラセンタ摂取群は、摂取8週間と摂取中止2週間の各項目の評価を比較すると、冷え性、疲れやすさ、食欲については1%以下の危険率で、また関節・腰の痛み、肩こり、頭痛、寝つき、眠り、生理不順については5%以下の危険率で、有意差が認められた。マリンプラセンタの摂取を中止することで、明らかにこれらの項目が悪くなったと自覚したことが分かった。これらの改善に関しては、IGF-1 値の上昇と末梢血液循環機能のスコアの上昇から裏付けられたことになる。

まとめ マリンプラセンタの摂取は、モニター自身に全般的な肌状態の改善と体調・体質の改善を自覚させた。このことは数値データでも、シワ係数の低下と末梢血液循環機能のスコアの上昇が認められ、さらにIGF-1 値が上昇したことは、アンチエイジング全般に効果が期待できると言える。

「マリンコンドロイチン」「マリンプロテオグリカン」「マリンプラセンタ」「マリン乳酸菌」
「マリンアパタイト」は株式会社日本バリアフリーの登録商標です

当サイト上に掲載されている当社で取扱う製品またはサービスの名称等は、当社の商標または登録商標です。
当社の登録商標の使用を希望される場合には、当社への事前の連絡及び当社の許諾が必要となります。
当サイトに掲載される全ての表現(文章・イラスト・画像等の表現)には著作権が存在します。
当社の許可を得ずに、複製・無断転載・放送等の行為を行う事は著作権法及びその他の知的財産権法に基づく処罰の対象となります。

※当社製品を配合した健康食品・化粧品等の表示・広告宣伝は関連法規に従ってください。

当サイトにリンクを張る場合は事前に当社までご連絡をお願いいたします。

ページトップ へ